相続人の一人が相続手続に協力してくれない

相続人が遺産分けに応じない場合でも、自分の法定相続分の銀行解約を進めることができます。

相続のお手続は、
相続人みんなが協力して
行う必要があります。

“相続人の一人が相続手続に協力してくれない”の詳細は »

印鑑証明書は代理人でも取ることはできるのでしょうか

相続では、印鑑登録証明書が必要な場合は多いので、登録をされていない方は、早めに手続しておきましょう

今日も寒かったですね。
お日様はもう春を告げているのですが、風がとっても冷たいです。
寒がりな私は、まだまだコートは手放せないようです。

“印鑑証明書は代理人でも取ることはできるのでしょうか”の詳細は »

相続の手続きって108種類もあるんですよ。

相続のお手続と言っても、日常の手続、役所関係、金融機関、勤務先など色々あります

無料相談のご予約をいただいたお客様から、「相続手続きって、何をすればいいのですか?」という質問を受けます。「相続手続き」と言っても、たくさんの種類があります。
“相続の手続きって108種類もあるんですよ。”の詳細は »

ケースで学べるのが相続の登記です

相続に関する登記には、法定相続と遺産分割と遺言書の三つのケースがあります。

相続に関する登記には、次の三つのケースがあります。
① 法定相続分どおりの相続登記
② 遺産分割協議による相続登記
③ 遺言書による相続登記または遺贈登記
“ケースで学べるのが相続の登記です”の詳細は »

遺言が必要な場合の相続とは何だろうね

子どもがいなかったり、親族間の関係が希薄だったりする、あるいは介護や世話を子どもから受けているといった場合には、財産の多い少ないにかかわらず、相続で遺言を書くことを前提にしてもいいと思います。

遺言を書くのは、財産がたくさんある人だけでしょ?といった考えの人も多いようです。しかしそうでもありません。財産の多さにかかわらず、遺言は「相続でもめごとをおこさない」ために必要な場合があります。

揉め事がおきそうな状況として以下のような場合が例としてあげられます。
“遺言が必要な場合の相続とは何だろうね”の詳細は »

余り知られていない相続欠格という決まりごと

被相続人の相続人としての資格を失なうことを欠格といいます。

故意に被相続人や他の相続人を死亡に至らせたり、遺言書を破棄、捏造するなど第891条に規定される重大な不正行為(相続欠格事由)を行った者に対して、その被相続人の相続人としての資格を失なうことを相続欠格といいます。第891条 次に掲げる者は、相続人となることができない。
“余り知られていない相続欠格という決まりごと”の詳細は »

相続で不動産の評価をどうするのだろう

基礎控除額は5千万円と法定相続人一人につき1千万円と決まっているがそれは平成23年現在だ

借地権の設定、不動産の購入、アパート・マンションの建築:土地に建物が建っている場合、自由に土地を処分できないこととなります。したがって評価額は低くなります。
建物が建っている場合の土地の評価は更地の3割、4割程度です。
“相続で不動産の評価をどうするのだろう”の詳細は »

相続と農地の区分と評価方法

相続、山林などには縄延びといわれ実際の地籍が登記簿上の地籍より上回る土地がありますよ。

土地の地目には、宅地・農地・山林・原野・牧場・池沼・鉱泉地・温泉地・
雑種地などがあります。

農地はさらに次の4つに区分けされています。

①純農地
②中間農地
③市街地周辺農地
④市街地農地
“相続と農地の区分と評価方法”の詳細は »

相続において有効な遺言のチェックポイント

被相続人は、遺言で相続開始の時から5年を超えない期間内で遺産分割を禁止することができる。ということもできます。

遺言では以下のことを残すこととして認められています。以下のことが入っているかをきちんと確認しましょう。
① 未成年後見人の指定未成年者に対して最後に親権を行う者は、遺言で未成年者後見人を指定する。ただし、管理権のないものは指定することができない。
“相続において有効な遺言のチェックポイント”の詳細は »

ずばりと相続税の控除について明かす

その税額~それぞれの情報、配偶者なのか実子か、あるいは未成年かどうかなどを把握し内容に応じて相続税を軽減できるのです。

税金控除、各種の税額軽減又は控除. 相続人の事情により下記の様な控除、軽減があります。

相続税の申告は各相続人の税額を計算する必要があります。
“ずばりと相続税の控除について明かす”の詳細は »

« 過去の記事