相続人の一人が相続手続に協力してくれない

相続のお手続は、
相続人みんなが協力して
行う必要があります。

もし、
1人でも協力してくれない人が
いたらどうなるのでしょうか?

答えは、
残された遺産によっても
できること、できないこと
がでてきます。

相続財産が預金だけの場合。

自分の法定相続分だけを
解約することが出来る場合があります。

しかし、預金について、
預金の種類が定期預金なのか、
普通預金なのかによっても
手続ができる、できないが
かわってきてしまいます。

銀行によって、対応が異なります。
法定相続分なら、
原則、払戻しに応じるとは思いますが、

遺産分割協議書を求められたり、
銀行所定の書式で全員の同意書を要求する銀行もあります。

遺産の中には、
遺産分割協議を経ることなく、
数量的に分割できるもの
(金銭、債権、預金債権など可分債権)と
できないの(不動産など)があります。

銀行は、
自分の相続分に関しては払戻しに
応ずる義務があるはずですが、
特約などで、金融機関が払戻し拒否
する預金もあります。

 

トラックバックURL