相続と準備をしておくとかなり軽減される

被相続人の財産が相続発生と同時に相続人の共有財産となるため起こることです。

被相続人がなくなれば当然葬儀準備が必要です。
相続が発生すると、預貯金は凍結されてしまいます。

被相続人の財産が相続発生と同時に相続人の
共有財産となるため起こることです。
分割協議や法的に相続財産の帰属場所が決まるまでは
名義変更などをすることができなくなります。
“相続と準備をしておくとかなり軽減される”の詳細は »

遺族厚生年金と相続は奥が浅くない

子の場合は18歳到達年度末(障害等級に該当する子の20歳の誕生日)を過ぎれば相続で遺族厚生年金は失権します。

遺族厚生年金は死亡者の老齢厚生年金の3/4の金額、
受給者が妻の場合、死亡した夫の厚生年金加入月数によっては
中高生加算や経過的寡婦加算がつきます。
“遺族厚生年金と相続は奥が浅くない”の詳細は »

法定相続についてくわしく知らない人もいる

被相続人との関係が薄くなっていくごとに(子供から親、兄弟というように)、その相続割合は少なくなります

■配偶者がいる場合
配偶者がいる場合の相続割合は、子供の有無他により基本的に下記、①~④の順になっていきます。被相続人との関係が薄くなっていくごとに(子供から親、兄弟というように)、その相続割合は少なくなり、その分、配偶者の割合が高くなっていきます。これも被相続人との関係が薄くなる人程、遺産を各相続人があてにしなくても生活できることを考慮した法律上の配慮といえましょう。
“法定相続についてくわしく知らない人もいる”の詳細は »

相続と生前贈与について知識を蓄える

毎年コツコツと子供に財産を贈与し、相続財産を減らしていけば、相続税を減らすことは可能ですよ

財産を自由適切に分けることは
財産を持つ人の権利でもありますね。
また家族の争いを避けるためにも財産を持つものの
義務であることが生前贈与の考え方でもあります。
“相続と生前贈与について知識を蓄える”の詳細は »

最新の記事 »