カテゴリー: ややこしくなる前に相続のことを知っておく

印鑑証明書は代理人でも取ることはできるのでしょうか

相続では、印鑑登録証明書が必要な場合は多いので、登録をされていない方は、早めに手続しておきましょう

今日も寒かったですね。
お日様はもう春を告げているのですが、風がとっても冷たいです。
寒がりな私は、まだまだコートは手放せないようです。

“印鑑証明書は代理人でも取ることはできるのでしょうか”の詳細は »

相続の手続きって108種類もあるんですよ。

相続のお手続と言っても、日常の手続、役所関係、金融機関、勤務先など色々あります

無料相談のご予約をいただいたお客様から、「相続手続きって、何をすればいいのですか?」という質問を受けます。「相続手続き」と言っても、たくさんの種類があります。
“相続の手続きって108種類もあるんですよ。”の詳細は »

ケースで学べるのが相続の登記です

相続に関する登記には、法定相続と遺産分割と遺言書の三つのケースがあります。

相続に関する登記には、次の三つのケースがあります。
① 法定相続分どおりの相続登記
② 遺産分割協議による相続登記
③ 遺言書による相続登記または遺贈登記
“ケースで学べるのが相続の登記です”の詳細は »

余り知られていない相続欠格という決まりごと

被相続人の相続人としての資格を失なうことを欠格といいます。

故意に被相続人や他の相続人を死亡に至らせたり、遺言書を破棄、捏造するなど第891条に規定される重大な不正行為(相続欠格事由)を行った者に対して、その被相続人の相続人としての資格を失なうことを相続欠格といいます。第891条 次に掲げる者は、相続人となることができない。
“余り知られていない相続欠格という決まりごと”の詳細は »

相続と農地の区分と評価方法

相続、山林などには縄延びといわれ実際の地籍が登記簿上の地籍より上回る土地がありますよ。

土地の地目には、宅地・農地・山林・原野・牧場・池沼・鉱泉地・温泉地・
雑種地などがあります。

農地はさらに次の4つに区分けされています。

①純農地
②中間農地
③市街地周辺農地
④市街地農地
“相続と農地の区分と評価方法”の詳細は »

相続において有効な遺言のチェックポイント

被相続人は、遺言で相続開始の時から5年を超えない期間内で遺産分割を禁止することができる。ということもできます。

遺言では以下のことを残すこととして認められています。以下のことが入っているかをきちんと確認しましょう。
① 未成年後見人の指定未成年者に対して最後に親権を行う者は、遺言で未成年者後見人を指定する。ただし、管理権のないものは指定することができない。
“相続において有効な遺言のチェックポイント”の詳細は »

相続と準備をしておくとかなり軽減される

被相続人の財産が相続発生と同時に相続人の共有財産となるため起こることです。

被相続人がなくなれば当然葬儀準備が必要です。
相続が発生すると、預貯金は凍結されてしまいます。

被相続人の財産が相続発生と同時に相続人の
共有財産となるため起こることです。
分割協議や法的に相続財産の帰属場所が決まるまでは
名義変更などをすることができなくなります。
“相続と準備をしておくとかなり軽減される”の詳細は »

遺族厚生年金と相続は奥が浅くない

子の場合は18歳到達年度末(障害等級に該当する子の20歳の誕生日)を過ぎれば相続で遺族厚生年金は失権します。

遺族厚生年金は死亡者の老齢厚生年金の3/4の金額、
受給者が妻の場合、死亡した夫の厚生年金加入月数によっては
中高生加算や経過的寡婦加算がつきます。
“遺族厚生年金と相続は奥が浅くない”の詳細は »

法定相続についてくわしく知らない人もいる

被相続人との関係が薄くなっていくごとに(子供から親、兄弟というように)、その相続割合は少なくなります

■配偶者がいる場合
配偶者がいる場合の相続割合は、子供の有無他により基本的に下記、①~④の順になっていきます。被相続人との関係が薄くなっていくごとに(子供から親、兄弟というように)、その相続割合は少なくなり、その分、配偶者の割合が高くなっていきます。これも被相続人との関係が薄くなる人程、遺産を各相続人があてにしなくても生活できることを考慮した法律上の配慮といえましょう。
“法定相続についてくわしく知らない人もいる”の詳細は »

相続と生前贈与について知識を蓄える

毎年コツコツと子供に財産を贈与し、相続財産を減らしていけば、相続税を減らすことは可能ですよ

財産を自由適切に分けることは
財産を持つ人の権利でもありますね。
また家族の争いを避けるためにも財産を持つものの
義務であることが生前贈与の考え方でもあります。
“相続と生前贈与について知識を蓄える”の詳細は »