相続と生前贈与について知識を蓄える

財産を自由適切に分けることは
財産を持つ人の権利でもありますね。
また家族の争いを避けるためにも財産を持つものの
義務であることが生前贈与の考え方でもあります。

相続をめぐるトラブルはドラマなどのようではないですが
兄弟や姉妹、家族の間で土地などの財産価値の増加、
観念の薄さが原因で起きていることも事実のようです。

円滑に相続人たちが話し合いで財産分割をされるならば
問題は起こりませんが、争い防止のためには
どうしたらいいのでしょうか?

それは計画的に慎重に準備をすすめることで、
生前の贈与として明確に財産分配をすることも
方法のひとつです。

生前の一般的な贈与は110万を超えると贈与税となりますが、
相続時精算課税制度という制度を利用すれば、
2500万までの特別控除を受けることが可能です。
2003年度(平成15年度)より、「相続時精算課税」制度が
創設され、これは、贈与税・相続税を通じた納税を
可能とした制度といえます。対象者は、贈与者が65歳以上、
受贈者が贈与者の推定相続人(代襲相続人も対象)で
20歳以上となっており(年齢判定は贈与があった年の1月1日時点)、
親のその子供が該当する場合が多いものです。2008年度
(平成20年度)現在、控除額は2,500万円で、
複数年に渡り利用できます。控除額を超える贈与を
受けた場合は、超える金額について贈与税を納付し、
相続時に相続税で精算することとなっています。

また毎年コツコツと子供に財産を贈与し、
相続財産を減らしていけば、税金を減らすことは
可能です。
ですが、相続法では過度な相続税対策防止で
相続開始前の3年以内の贈与は相続財産と
みなされることで相続税を計算することと
決められています。

これは贈与時に贈与税を払っていれば
相続税から控除されます。

しかし、相続権がない孫の場合は
相続税がかかりません。
ということは贈与財産を相続財産に含めないように
孫には相続権がないため、相続時期に
孫が財産を取得しなければ相続開始前3年以内の
贈与財産が相続財産にカウントされません。

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む