法定相続についてくわしく知らない人もいる

■配偶者がいる場合
配偶者がいる場合の相続割合は、子供の有無他により基本的に下記、①~④の順になっていきます。被相続人との関係が薄くなっていくごとに(子供から親、兄弟というように)、その相続割合は少なくなり、その分、配偶者の割合が高くなっていきます。これも被相続人との関係が薄くなる人程、遺産を各相続人があてにしなくても生活できることを考慮した法律上の配慮といえましょう。

子供がいる場合・・・配偶者1/2、子供1/2
子供が数人いる場合は、この子供分1/2を子供の人数で均等に分けていきます。
例1)子供が2人の場合・・配偶者1/2、子供A1/4、子供B1/4
2)子供が3人の場合・・配偶者1/2、子供A1/6、子供B1/6、子供C1/6
3)子供がいなく孫が2人の場合・・配偶者1/2、孫A1/4、孫B1/4
*子供がすでにいなく孫が代襲相続する場合も、その相続分は子供の相続分と同じです。

子供がいなく親が生存の場合・・・配偶者2/3、親1/3
例1)両親が2人いる場合・・配偶者2/3、父1/6、母1/6
例2)実親1人と養母がいる場合・・配偶者2/3、実親1/6、養母1/6
*実父母と養父母の相続分は均等。また両親とも死亡の場合は、祖父母が相続。その場合、父方の祖父母も、母方の祖父のも均等。
例3)親がいなく、父方祖父母、母方祖母がいる場合・・配偶者2/3、父方祖父1/12、父方祖母1/12、母方祖母1/12

③ 子供と親がいなく、兄弟姉妹がいる場合・・・配偶者3/4、兄弟姉妹1/4
例1)兄弟姉妹が2人いる場合・・配偶者3/4、兄弟姉妹A1/8、兄弟姉妹B1/8
2)兄弟姉妹が3人いる場合・・配偶者3/4、兄弟姉妹A1/12、兄弟姉妹B1/12、兄弟姉妹1/12
3)兄弟姉妹がいなく甥が2人の場合・・配偶者3/4、甥A1/8、甥B1/8
*兄弟姉妹がすでにいなく甥または姪が代襲相続する場合も、その相続分は兄弟姉妹の相続分と同じです。

④配偶者だけしかいない場合・・・配偶者が全額相続

■配偶者がいない場合
本来、法定相続分の割合が多く規定されているのが配偶者ですが、その配偶者が既に他界している場合の相続は次の①~③の順となります。

① 子供がいる・・・子供が全額相続
例1)子供が2人の場合・・子供A1/2、子供B1/2
2)子供がいなく孫が2人の場合・・孫A1/2、孫B1/2
*子供がすでにいなく孫が代襲相続する場合も、その相続分は子供の相続分と同じです。

子供がいなく親が生存の場合・・・親が全額相続
例1)両親2人の場合・・父A1/2、母B1/2 (養父母も均等)
例2)親がいなく、父方祖父母、母方祖母がいる場合・・父方祖父1/3、父方祖母1/3、母方祖母1/3
*実父母と養父母の相続分は均等。また両親とも死亡の場合は、祖父母が相続。その場合、父方の祖父母も、母方の祖父のも均等。

子供と配偶者がいない場合・・・兄弟姉妹が全額相続
例1)兄弟姉妹が2人いる場合・・兄弟姉妹A1/2、兄弟姉妹B1/2
2)兄弟姉妹がいなく甥が2人の場合・・甥A1/2、甥B1/2
*兄弟姉妹がすでにいなく甥または姪が代襲相続する場合も、その相続分は兄弟姉妹の相続分と同じです。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む