タグ: 捏造

余り知られていない相続欠格という決まりごと

被相続人の相続人としての資格を失なうことを欠格といいます。

故意に被相続人や他の相続人を死亡に至らせたり、遺言書を破棄、捏造するなど第891条に規定される重大な不正行為(相続欠格事由)を行った者に対して、その被相続人の相続人としての資格を失なうことを相続欠格といいます。第891条 次に掲げる者は、相続人となることができない。
“余り知られていない相続欠格という決まりごと”の詳細は »