タグ: 特別受益

相続において有効な遺言のチェックポイント

被相続人は、遺言で相続開始の時から5年を超えない期間内で遺産分割を禁止することができる。ということもできます。

遺言では以下のことを残すこととして認められています。以下のことが入っているかをきちんと確認しましょう。
① 未成年後見人の指定未成年者に対して最後に親権を行う者は、遺言で未成年者後見人を指定する。ただし、管理権のないものは指定することができない。
“相続において有効な遺言のチェックポイント”の詳細は »