ずばりと相続税の控除について明かす

税金控除、各種の税額軽減又は控除. 相続人の事情により下記の様な控除、軽減があります。

相続税の申告は各相続人の税額を計算する必要があります。
その税額~それぞれの情報、配偶者なのか実子か、
あるいは未成年かどうかなどを把握し内容に応じて
相続税を軽減できるのです。

このことを税額控除と呼びます。

それぞれの税額からこの控除額を控除して
各相続人の相続税が計算され、税務署に納付する
相続税額が決定します。

その詳細は以下の通りです。

●贈与税控除

相続開始前3年以内に受けた贈与財産が課税価格に
加算された場合その贈与財産にかかる贈与税の控除ができるというもの

●未成年者控除

相続人が未成年者の場合、未成年者が成人するまでの年数に応じて
一定期間税額が軽減されるもの

●配偶者の税額軽減・・・・・配偶者が相続した財産のなかで
法定相続分または1億6000万までは税額が軽減されるもの

●障害者控除

相続人が障害者である場合、障害者が70歳になるまでの
年数に応じて一定の税額が軽減されるもの

●外国税額控除

・・・・・・外国の財産を相続して、その相続した外国の財産に
外国の相続税が課税されてしまった場合は、その外国の相続財産
に課税された相続税は控除されるもの

●相次相続控除

10年間に2階以上の相続税を支払う相続があった場合、
最初の相続から次の相続までの期間に応じ、税負担が軽減される。

●相続時精算課税制度適用による贈与税額の控除

・・・・・・相続時精算課税制度を適用していた場合、
相続税額から相続時精算課税制度における贈与税額を控除するもの

税理士が相続税を相談員が日常の手続を支援する
一人ではできないことはいろいろある。相続手続支援センターでは、税理士のほか、専門相談員がいて、銀行や保険、その他なんでも任せられます。
www.souzoku-shien.net/

 

トラックバックURL

コメントを書き込む