カテゴリー: 紙は何でも大丈夫な遺産分割協議書

遺言が必要な場合の相続とは何だろうね

子どもがいなかったり、親族間の関係が希薄だったりする、あるいは介護や世話を子どもから受けているといった場合には、財産の多い少ないにかかわらず、相続で遺言を書くことを前提にしてもいいと思います。

遺言を書くのは、財産がたくさんある人だけでしょ?といった考えの人も多いようです。しかしそうでもありません。財産の多さにかかわらず、遺言は「相続でもめごとをおこさない」ために必要な場合があります。

揉め事がおきそうな状況として以下のような場合が例としてあげられます。
“遺言が必要な場合の相続とは何だろうね”の詳細は »

相続で不動産の評価をどうするのだろう

基礎控除額は5千万円と法定相続人一人につき1千万円と決まっているがそれは平成23年現在だ

借地権の設定、不動産の購入、アパート・マンションの建築:土地に建物が建っている場合、自由に土地を処分できないこととなります。したがって評価額は低くなります。
建物が建っている場合の土地の評価は更地の3割、4割程度です。
“相続で不動産の評価をどうするのだろう”の詳細は »