相続で不動産の評価をどうするのだろう

借地権の設定、不動産の購入、アパート・マンションの建築:土地に建物が建っている場合、自由に土地を処分できないこととなります。したがって評価額は低くなります。
建物が建っている場合の土地の評価は更地の3割、4割程度です。このように、現金より、不動産の方が評価額は低くなります。

・納税資金を準備する対策相続財産に現金があまりない場合、自宅や畑、工場などが残っているとすると相続税を支払う際には不動産を売却するしかないということに結果としてなってしまいます。このような場合、たとえば次のような対策が考えられます。

●被相続人が生命保険に入って受取人を相続人にする。

・保険金で相続税を支払うことができる。生命保険金には、相続税の控除があることを考慮した内容です。(ただし法改正のデッドラインに注意)課税遺産総額が基礎控除額より少なければ相続税は課税されません。

●法定相続財産の算出方法
・課税遺産総額に法定相続人それぞれの法定相続分をかけ、それぞれの法定相続財産を算出できます。各人の相続税額は、各相続人の法定相続財産に相続税の税率をかけ、それぞれの相続税額を算出します。「贈与税」は、生きている人の財産を別の誰かがもらったとき、もらった人にかかる税金を刺します。

いわゆる生前の贈与ということです。一般的に「相続税」に比べて高い税率になります。(「相続税」を回避するために「贈与税」を払うことを国として防ぐためでもあります。)しかし実は、「相続対策」の基本が贈与になるのです。それはさまざまな控除を使うことも出来るからです。基礎控除額・・・・・基礎控除額は5千万円と法定相続人一人につき1千万円。また、養子がいる場合、被相続人に実子がいるときは1人まで、実子のいないときは2人まで。

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む